気になるカードローンの審査

カードローンで借りたい、もちろんその前には必ず審査が行われます。借りられるようになるかどうかを左右するものですから、審査については申し込む方はとても気になるものでしょう。しかし、どんなカードローン商品でも絶対に審査がどんな基準で行われているのかということは、公表されていないものです。
申し込みの条件として年収が決まっているカードローンもありますが、ではその条件の年収以上なら誰でも借りられるかというと、そうではないのです。審査の基準をもしも公表してしまったら、借りられるようになるために虚偽の申告をする申し込み者ばかりになってしまうでしょう。
カードローンは多くの商品では、無担保、保証人なしで申し込めるようになっています。そのため貸し付ける側は、申し込み者自身の返済能力などを正確に判断しなければなりません。虚偽の申告で見誤ってしまうと、貸し倒れになってリスクをこうむるのはお金を貸す側なのです。
申し込みをする方は、審査を気にしてその情報を集めたくなりますが、審査の基準が明らかになっていない限り、正確な情報をどこまで仕入れることができるかというのは、いささか疑問があります。
審査の基準は明確にはなっていませんが、カードローン商品は仮審査や事前審査と呼ばれる第一段階の審査と、本審査と呼ばれる第二段階の審査が行われている事がほとんどです。
カードローンの体験談なども参考になりますが、審査に関しては全て鵜呑みにしないほうがよいでしょう。というのも、体験者と全く同じ年齢、年収、家族構成、自宅の状況ということはまずありえないからです。申し込み者ごとに審査を行うという点から考えても、カードローン比較審査の体験談はどうやって申し込めば早く借りられたかといった点などを参考にしたほうがよいでしょう。

カードローンとは?

銀行ばかりがカードローンと思われがちですが、実は消費者金融もカードローンに分類されています。
個人向けの無担保融資であり、カードを発行するローンがカードローンです。
消費者金融も銀行カードローンも同じカードローンとなります。
カードローンの利用はさまざまです。
少額キャッシングに利用することもあれば大口の融資に活用することもあります。
どのような理由で、どのような条件で借り入れをするのかを考えて借り入れ先を選ばなくてはなりません。
「家族にキャッシングがバレたくない場合」
多くの方が心配していることでしょう。
遠方に住んでいる家族にばれる心配はほぼないものの、同居している家族には何らかのタイミングでキャッシングの事実がばれてしまう可能性はあります。
それはカードローン選びというよりは利用方法に気をつけなくてはなりません。
カードローン側から自宅あてに何らかのアクションがあるのは次の3つです。
・申込契約後のカードと契約書の郵送
・本人確認の連絡
・返済遅れの督促
その場でカードと契約書を受け取ることができる申し込み方法を選びましょう。
例えばインターネット申し込みは便利ではあるもののカードの受け取りはできずに自宅への郵送となります。
店頭窓口もしくは自動契約機で契約をするとその場でカードと契約書が受け取れます。
気になるのは本人確認の連絡でしょう。
在籍確認はご存知でしょうか。
申込書に記入した勤務先に本当に在籍しているのかを確認するための電話連絡です。
本人確認の連絡はすべてのカードローンが行うわけではありません。
基本的には消費者金融は行わず銀行は行う傾向があります。
申込書に記入した携帯電話番号、もしくは自宅電話番号が確実なものであることを確認するために電話による連絡を行うことがあります。
返済が遅れると督促が始まります。
まずは電話での督促、そのあとは自宅あての電話とはがきです。
自宅あての督促状は返済が行われるまで続きます。
家族にばれないキャッシングをしたいのであれば気をつけなくてはならないのはカードローン選びよりも利用方法になるでしょう。
「少額のキャッシングを即日で借り入れたい場合」
やはり即日融資であれば消費者金融の可能性が最も高くなっています。
自動契約機の存在が大きいでしょう。
銀行では申し込みから借り入れまでには数日から数週間かかることも珍しくはありません。
即日融資ができるとしている銀行カードローンでも、口座開設が必須となれば開設完了までに2週間はみなくてはなりません。
口座開設不要の消費者金融で、自動契約機を使った申し込みが最も確実性が高い契約方法となるでしょう。
「返済が長期に及ぶ場合」
返済が長くなる場合、「銀行と消費者金融の共通・利息の計算方法」でもお伝えしますが、日割り計算で一日ごとに加算される利息は大きく膨れ上がることになります。
利息の計算は金利だけで行うものではなく借入残高と利用日数にも影響されています。
借り入れ金額が高く、利用日数が長期になる場合には金利を抑えるしかありません。
カードローンの利用を始めれば金利が下がるタイミングなどそうそうあるものではありません。
そのため初めのカードローン選びの段階でしか金利を選ぶタイミングはないということです。
銀行カードローンは融資限度額によって金利が下がるだけではなく、多くの場合上限金利でも消費者金融よりも低く設定されています。
「専業主婦が自分名義で借り入れをしたい場合」
総量規制があり消費者金融では本人に収入がない専業主婦は借り入れができません。
貸金業法では消費者金融が認める範囲で配偶者貸付(配偶者の収入を審査対象としての貸し付け)を認めていますが、実際には消費者金融では専業主婦が借り入れできるカードローンはありません。
いくつかの銀行カードローンで専業主婦の借り入れができます。
融資限度額はおおむね30万円までと決められた範囲ではありますが、少額のキャッシングを専業主婦名義で行いたいときには活用できるでしょう。
「パートやアルバイトの収入で借り入れたい場合」
今、パートやアルバイトの収入で申し込みができるカードローンは珍しくありません。
消費者金融はもちろんのこと、銀行カードローン、中でも大手メガバンクでさえ可能となっています。
職に就けずにアルバイトをしている、そのような事情ばかりではない時代です。
意味があってアルバイトによる生活を選択している方も少なくはありません。
年収の高い低いではなく現在の収入を今後も得ていくことができるかどうか、それが審査の対象となっています。
「複数のキャッシングを1か所にまとめたい場合」
いくつもの借り入れ先があると、返済が苦しいだけではなく混乱するものです。
毎月いくつもの返済があり、そのすべてを管理しきれずにただやみくもに最低返済額だけを支払う日がつづくでしょう。
元金を考えない返済は危険です。
キャッシングを1か所にまとめて簡潔な形を取り戻すことで債務整理をしなくても返済ができる形に変わっていくこともあります。